トタン長尺瓦棒(三晃式・林式)雪止金具の取付方

瓦棒用雪止めの種類

瓦棒用雪止には羽根が付いたもの(羽根付)とアングルを載せるもの(アングル用)の2種類があります。

h-1_1
A-1_1

瓦棒は三晃式と林式があります。瓦棒のキャップの寸法(A)に注意して選んで下さい。
三晃式は(A)の部分が33~35mm、林式は45mmです。

size-a
 

トタン長尺瓦棒用(真木なし)羽根付の取付方 品番H-1・H-5

① 取り付け場所は、雪止め金具は軒桁上(又は壁の上)に一列に取り付けてください。

② 羽根を軒先方向に向け、瓦棒のキャップ(溝)にベースを入れて、本体脇のナットをスパナ又はラチェット(対辺14mm用)で締める。

h-1_3
 

トタン長尺瓦棒用(真木なし)アングル用の取付方 品番A-1・A-10

① 取り付け場所は、雪止め金具は軒桁上(又は壁の上)に一列に取り付けてください。

② 本体後ろの、L型のアングルフックのナットを軽くゆるめておく。

a-1_4

③ アングルフックのある後ろを棟方向(軒先方向とは逆)に向け瓦棒のキャップ(溝)にベースを入れて、本体脇のナットをスパナ又はラチェット(対辺14mm用)で締める。

a-1_5

④ L型アングル50mm×50mmをのせてアングルフックをアングルに掛けて、ナットを締める。

a-1_6
 

注意事項

  • 最後に本体・アングルフック(アングル用)のボルト、ナットのゆるみを確認する。
  • アングルは乗せてあるだけですので、無理に持ち上げないで下さい。
  • 地域ごとに雪質等も異なるため、雪止金具を規準通りに取り付けても、雪が落下することがあります。地域にあった施工をして下さい。